人気のパティシエになる方法|専門学校に通えば資格を取得しやすい

パティシエへの道

パティシエ

近年パティシエを目指す人の数は以前よりも多くなっており、子どもたちが将来なりたい職業ランキングでも上位に入るほどの人気職業となっています。パティシエという職業に興味があるなら、まずはパティシエになるための方法を確認しておきましょう。

パティシエになる一般的なルートは主に3つあります。1つは高校を卒業してから調理師専門学校または成果専門学校に通いながら資格を取得し、洋菓子店やレストランに就職というルート。2つめは高校卒業後、大学や短大、調理系以外の専門学校に行き、洋菓子店やレストランで働きながら資格を取得するルート。また高校卒業と同時に、洋菓子店やレストランで早くから修業を始め自分のスキルを高めながらパティシエになるルートもあります。このようにパティシエになるための道は1つではなく、自分に向いているルートを選択することが可能なのです。

この3つのルートの中でも、一般的に多くの人に選ばれているのが調理・製菓専門学校になります。パティシエになるために、絶対に取得しなければいけないという資格はありません。そのため、必ずしも専門学校に通う必要があるのかと言えばそうではないのです。しかし専門学校に通えば、パティシエ関連資格として「製菓衛生士」や「菓子製造技能士」といった専門資格を取得しやすくなります。資格持っていれば現場に出たときに自分の能力や技術を証明することが出来るため、資格を所有していない人に比べると、就職する際にも大変有利になることは間違いありません。パティシエになる方法に正解はありません。自分に最適な方法でパティシエを目指してみるといいでしょう。

専門学校選びのポイント

お菓子

製菓専門学校はパティシエ人気の上昇とともに、全国各地に増えました。自分に最適なパティシエ専門学校を選ぶためにも、学校選びをする上で知っておきたいポイントを押さえておきましょう。

もっと見る

雰囲気を事前にチェック

スイーツ

パティシエ専門学校は長期的に通うことになるため、入学先は慎重に選ぶことが大切です。体験入学やオープンカレッジなどがあれば積極的に参加してみると良いかもしれません。

もっと見る

本場の技術を学べる

マフィン

留学プログラムを導入しているパティシエ専門学校であれば、在学している間に洋菓子の本場である外国の地で様々な知識や技術を学ぶことが出来ます。自分のスキルを高めたいのであれば留学も検討してみましょう。

もっと見る